保育園・幼稚園・学校訪問 虫歯予防セミナー

阿佐谷幼稚園 PTA 母の学校で講演会を行いました  2015.11.11

t.o.h.理事 加藤 元

 去る11月11日(水曜)に阿佐谷幼稚園のPTAのお母さま方が企画・運営されている「母の学校」で園児のむし歯予防の講演を行いました。
 今年が創立90周年にあたる阿佐谷幼稚園ですが、私がちょうど50年前に通っていた思い出の母校でもあり、大変深いご縁を感じました。
 「子どもの歯をむし歯から守る3つの方法」と題し、位相差顕微鏡を使ってむし歯のメカニズムを説明したあと、PHペーパーと咀嚼力判定ガムを使った実習を交えながら、3つの予防方法(プラークコントロール、シュガーコントロール、サリバ((唾液))コントロール)のお話をしました。
 参加された70名のPTAのお母様からは、大変多くの質問が寄せられ、お母様がたのお子さんへの愛情と、学ぶことへの熱意に大変感銘しました。

天使園 むし歯予防セミナー 2015.6.23

t.o.h.理事 加藤 元

 2015年6月23日に 東京都杉並区の立教女学院短期大学附属幼稚園 天使園にて、「むしばきん ばいばいだいさくせん」と題したむし歯予防セミナーを開催致しました。年中の園児とその保護者40名を対象に、むし歯のメカニズムやその予防方法について、位相差顕微鏡による細菌の観察をまじえながらやさしく解説し、歯垢染め出し液を使って、園児の自分みがきと保護者の仕上げみがきの実習を行いました。園児も保護者も真剣に耳を傾け、熱心に実習を行う姿が印象的でした。


中央区立明正小学校 道徳授業地区公開講座「いのちと心の授業」を開催 2014.6.28

t.o.h.理事 鯉渕秀明

 平成26年6月28日の土曜日中央区立明正小学校において、民話の語りと口の健康を通じて命の大切さを子供のみならず保護者達にも気づいてもらおうと、道徳授業地区公開講座「いのちと心の授業」が行われました。小雨の降るあいにくの天気でしたが、明正小学校の1年生から6年生の児童と保護者や教員を含めておよそ240名が参加しました。
 最初に俳優の真夏竜さんが、受け継がれている命の尊さについて話され、民話「寿命のろうそく」を読み聞かせてくれました。難しいテーマにもかかわらず、子供達の真夏さんの話に聞き入る真剣な眼差しに心が洗われるようでした。
 その後、加藤元理事が命の入り口である口の健康を保つために、むし歯のでき方や防ぎ方をわかりやすく説明しました。口の中の細菌をスクリーンに映し出すと、子供達だけでなく保護者達からも「おおっ」と声があがり、あらためて歯みがきの大切さを認識したようでした。読み聞かせと口腔衛生指導という今までにない組み合わせに、参加者からは好評な公開講座となりました。

中央区立明正幼稚園で民話朗読とむし歯予防セミナー 2013.12.19

t.o.h.理事長 安田 登


 2014年12月19日、t.o.h.では一昨年の泰明幼稚園に引き続いて、同じ東京都中央区立明正幼稚園で「民話朗読とむし歯予防セミナー」を行ってきました。参加者は3歳児から5歳児まで計50数名、それと保護者の方々の皆様で、会場は活気にあふれていました。
 民話の購読はすでに皆様よくご存じの俳優真夏 竜さんにお願いし、今回は「かさじぞう」のほか、「ねこと十二支」、「ねずみ経」を、そしてt.o.h.理事の加藤元先生と一緒に「カバさんとライオンさんと加藤先生」の合計4編を語っていただきました。
 園児の子供たちには難しいかな?と思って聞いておりましたが、さすがに真夏 竜さん、子供たちを引付け、集中を切らすことなく語っていただきました。中でもお経のときに鳴らすおりんのち~んとした音、ひょろひょろと鳴る笛の音に子供たちは大喜びでした。
 民話朗読が終わってからは、いよいよ私たちの出番で「むし歯予防セミナー」を行いましたが、加藤元理事の巧みで軽妙なお話に、子供たちはすっかり乗せられ大喜びの様子でした。もちろん、みんなで一緒に行った歯みがきの実際は保護者の方も一緒になって熱心に行っていました。

なにより私がびっくりしたのは、子供たちのほぼ全員が1本のむし歯もないことでした。私たちが子供のころから比べれば隔世の感があり、むし歯予防の考えが浸透してきたことにうれしく思い、このままむし歯を作らず、もうすこし大人になったら歯周病にもならない健康な歯を保って頂きたいと、しみじみ思った一日でした。

真夏竜さんと加藤元理事の
「カバさんとライオンさんと加藤先生」
子供たちは大変熱心に聞いています
加藤元先生の軽妙なお話に、思わず子供たちも引き込まれ…
最後はみんなで一緒に歯みがきの練習


泰明幼稚園「むし歯予防セミナー」 2013.2.2

t.o.h.理事 加藤 元

 東京都中央区銀座にある泰明幼稚園で、28名の園児とその保護者を対象に、民話の語りとコラボレーションした「むし歯予防セミナー」を行ってきました。泰明幼稚園は、明治11年に創立した泰明小学校の一角に、59年前に設立された歴史のある幼稚園です。
 俳優であり現在ナレーターや声優としても活躍されている真夏竜様に、「隠れ箕傘」という民話で、かぶると透明になってしまう不思議な箕傘をめぐる人間と天狗のお話と、今回のセミナーのためにオリジナルに私たちt.o.h.が用意した、「ワニさんとライオンさんと加藤先生」というワニさんがむし歯になってしまうお話を、音楽や効果音をまじえ臨場感たっぷりに物語っていただきました。
 それに引き続き、私(加藤元)が、むし歯がどうしてできるのか、どうしたら守れるかなどについて、パソコンのスライドと位相差顕微鏡を使って説明し、自分みがきの実習をしたあと、保護者の方むけに、仕上げ磨きのポイントや上手なおやつの楽しみ方についてお伝えしました。
 1時間を越えるセミナーでしたが、園児の皆さん全員、お行儀よくお話を聞き、歯磨きも真剣そのものでした。最後に、園児の歌をお返しにプレゼントしていただき、大変感激しました。
 今回のセミナーに大変お力添えをいただいた真夏竜様、園長先生をはじめとする幼稚園の関係者各位に深く感謝いたします。

子供たちに民話を語りかける真夏竜さん
加藤理事による「むし歯予防セミナー」
大きな歯の模型をもって
歯の磨き方を教えるt.o.h.の木下理事

守山市物部幼稚園「むし歯予防セミナー」 2012.2.6

t.o.h.理事 関 文久
 昨年より滋賀県内で10回にわたり、むし歯予防セミナー「歯をまもーりーだいさくせん」が開催されましたが、2月6日の最終回は、t.o.h.の賛助会員であるサンメディカル株式会社のお膝元、守山市の物部幼稚園での開催となりました。今回のセミナーは園児約50名と保護者および幼稚園関係者も含めて120名以上の大人数となりました。また地元の守山市民新聞の取材も入り、熱気あふれるセミナーとなりました。
 いつも通りむし歯に関する私の話から始め、位相差顕微鏡の映像を見た時には、園児達よりもその保護者の方がビックリといった顔つきでした。途中で参加者にもいくつか質問をしましたが、最初は緊張気味であった園児達も最後の頃にはとても元気よく答えてくれました。また歯みがきと保護者による仕上げみがきの実習では、親子共々楽しそうに取り組んでいただけたようです。
 後片づけの後にはサプライズ、"ほたるの妖精"である「もーりー君」の登場です。参加者には見えないように会場入り口で待機していた「もーりー君」ですが、セミナーに参加していない園児達に取り囲まれて、大変だったとのこぼれ話を後で聞きました。ともあれ、「もーりー君」の登場に会場は大騒ぎとなり、「もーりー君」との歯みがき体操の時には遠慮がちであった園児達も、記念撮影の頃には「もーりー君」に飛びついたり、触ったりしていました。今回も子供たちからたくさん元気をもらった一日でした。
 実はこの物部幼稚園はむし歯予防に対する意識が高く、食後の歯みがきとフッ素洗口を実践しているとのことで、セミナー後に「乳歯バンク」に関する質問をしてきた保護者もいて、私の方がビックリという状況でした。
 t.o.h.としては、むし歯予防セミナーのような活動を今後もぜひ継続していきたいと感じました。

大津市立瀬田南幼稚園「むし歯予防セミナー」 2011.11

t.o.h.理事長 安田 登
秋が深まり、そろそろ紅葉が見頃になった琵琶湖畔、大津市立瀬田南幼稚園で「むし歯予防セミナー」を行ってきました。数えて9回目を迎えましたが、今回は日本歯科新聞の取材が入るとのことでスタッフ一同緊張の面持ちでセミナーに臨みました。
 5歳児の園児達50名ばかりとお母さん達で約100名近い人数を対象に、いつも通り私の話からスタートし、その後歯科衛生士さん達の歯磨き指導と実習を行ってきました。慣れない環境か、それともお母さんの初めての仕上げ磨きのせいか、途中気分を悪くしてしまった園児もいて、大人びたことを言ってもやはり子供は子供だなあと感じる一幕もありました。
 一通り実習が終わり、後片付けをすますと、お待ちかねの(といっても園児達には内緒でしたが)「もーりー君」の登場です。実習をおとなしくできた子供たちへのご褒美という形で登場してもらいましたが、もう、「もーりー君」が登場した瞬間から子供達は大パニックで、「もーりー君」に触ったり、飛びついたりとそれはもう大変なものでした。
 講義を行った私も、実習を行ってくれた歯科衛生士さんもすっかりかすんでしまいました。いやいや、恐るべき「もーりー君」の威力です。
 「もーりー君」は登場するやいなや、歯磨きを一緒に行ったり、歯磨き体操まで披露してくれたりと大活躍でした。最後は「もーりー君」を囲んでの記念撮影と、盛りだくさんの「むし歯予防セミナー」でした。 追伸:瀬田南幼稚園の「むし歯予防セミナー」の様子は、12月13日付の日本歯科新聞に掲載されました。

大津幼稚園で歯をまもーりー大作戦!! 2011.11.25

t.o.h.理事 深川優子
 去る11月15日、滋賀県大津市にある市立大津幼稚園において、4、5歳の幼稚園児35名と、保護者の計70名に対して「歯をまもーりー大作戦」を実施しました。この幼稚園は、創立130周年と、大変由緒ある幼稚園です。過去に歯科医師会から「歯の優秀賞」「特別賞」など複数回授与されていました。
 ラスト前1回の第10回目、私は、満を持しての登場となりました。日頃は、企業内歯科診療所に勤務していますので、接する患者さんは、全て成人です。その不慣れさゆえに、始まるまでは、大変不安を感じていました。
 しかし、いざ開始してみると、子供とお母さん達からの好奇心に満ちた眼差しに引き込まれ、こちらも一気にテンションが上がりました。相手を惹き付けるよりも、逆にこちらが子供達に惹き付けられたのでしょう。真剣になりました。
 幼稚園児対象の予防セミナーは、当会の売りの1つです。内容は、全てパターン化されており、そのまま進めば、対象者を惹き付けることができます。最後のもーりー君登場で、会場は、クライマックスに達しました。
 スタッフの話によると、今回の子供達は、おとなしいとのこと。皆、お行儀が良く、先生からの指示があるまで動き回りませんでした。中にはもーり君の口に手を突っ込んだり、羽を引っ張ったりする子もいましたが、もーりー君は、いつもよりもちょっぴり長めに遊んでくれたようです。
 今回の予防セミナーで、理事長はじめ理事らは、子供達から元気なパワーを貰い、もーりー君に癒されて、寿命が延びたようです(笑)。平成26年12月19日、t.o.h.では一昨年の泰明幼稚園に引き続いて、同じ東京都中央区立明正幼稚園で「民話朗読とむし歯予防セミナー」を行ってきました。参加者は3歳児から5歳児まで計50数名、それと保護者の方々の皆様で、会場は活気にあふれていました。
 民話の購読はすでに皆様よくご存じの俳優真夏 竜さんにお願いし、今回は「かさじぞう」のほか、「ねこと十二支」、「ねずみ経」を、そしてt.o.h.理事の加藤元先生と一緒に「カバさんとライオンさんと加藤先生」の合計4編を語っていただきました。
 園児の子供たちには難しいかな?と思って聞いておりましたが、さすがに真夏 竜さん、子供たちを引付け、集中を切らすことなく語っていただきました。中でもお経のときに鳴らすおりんのち~んとした音、ひょろひょろと鳴る笛の音に子供たちは大喜びでした。
 民話朗読が終わってからは、いよいよ私たちの出番で「むし歯予防セミナー」を行いましたが、加藤元理事の巧みで軽妙なお話に、子供たちはすっかり乗せられ大喜びの様子でした。もちろん、みんなで一緒に行った歯みがきの実際は保護者の方も一緒になって熱心に行っていました。
 なにより私がびっくりしたのは、子供たちのほぼ全員が1本のむし歯もないことでした。私たちが子供のころから比べれば隔世の感があり、むし歯予防の考えが浸透してきたことにうれしく思い、このままむし歯を作らず、もうすこし大人になったら歯周病にもならない健康な歯を保って頂きたいと、しみじみ思った一日でした。

近江八幡市北里幼稚園、野洲市北野幼稚園での「歯をまもーりーだいさくせん」2011.11.4・7

t.o.h.理事 加藤 元
 季節外れの陽気で、汗ばむような天候に恵まれた11月4日と11月7日、滋賀県の近江八幡にある北里幼稚園(68名)、そして野洲にある北野幼稚園(122名)で、歯をまもーりーだいさくせんを実施しました。
 いつものように動物の歯のクイズからはじまって、位相差顕微鏡を使ってむし歯のメカニズムを説明するころになると、園児や保護者の方がしーんとして、全員が真剣なまなざしに。自分みがきでは十分に歯垢が落としきれないことを体験していただくために赤染めを行なったのですが、意外に歯垢があまり染まらず、あとでワケをたずねてみるとすでに歯の予防セミナーをうけた経験があったり、歯の健康優良の表彰を受けたこともあるとのこと。
 とても予防意識の高い両園でしたが、顕微鏡で細菌を観察するのははじめてということで、あーそーか!との大きくうなずく園児の姿に、正しく知識の提供する大切さを痛感しました。
 両園とも園児の大きな呼び声に応えて登場したモーリー君で、真剣な表情が一転し、笑顔と興奮は絶頂に。
 正しい歯みがきの方法をモーリー君に必死に教えている園児の表情がとてもほほえましく感じました。北野幼稚園では、最後に園の先生がたの即興確認クイズも飛び出し、私たちにとっても幼児教育の方法を学べる大変貴重な体験でした。

彦根城北幼稚園の「むし歯予防セミナー」 2011.10.31

t.o.h.理事 木下 亨


 10月31日に彦根市立城北幼稚園に歯磨きの講演と実習に行って参りました。彦根市は天下の名城彦根城を持つ城下町。昨日の小雨も嘘のようないい天気に恵まれ気持ちも文字通り晴れやかに幼稚園を訪ねました。
 今回お邪魔した幼稚園は比較的大きな幼稚園で70名近い園児がおり、親御さんと関係者を集めると実に150名近い方々が集まり汗ばむような熱気の中を楽しいひとときを過ごさせていただきました。
 私の簡単な話の後、中村歯科衛生士(t.o.h.会員)による歯磨きの実習が始まりましたが、所狭しと会場には皆さんがひしめき合っており、私も含め4人のスタッフと幼稚園の先生にも応援をお願いして慌ただしく終わったという感じでした。 
 彦根市は「彦ニャン」で有名ですが、ホタルの妖精「もーりー君」もたちまちのうちに園児の心をつかみ大盛況で終わりました。私の生活の場は東京ですが、ここ滋賀県の彦根でも本当にむし歯は少なく、親御さんが口のことばかりではなく我が子の健康全体に関してとても関心が高いということを痛感いたしました。
 大人数の中たいした混乱もなく、無邪気な可愛い妖精のような子供たちに逆に元気をもらって帰って参りました。

木下理事の話を聞く園児とお母さん達
歯科衛生士さんの歯磨き指導
もーりー君と一緒に記念撮影

島幼稚園 「むし歯予防セミナー」 2011.10.18

t.o.h.理事 関 文久

 秋も深まってきた10月18日滋賀県近江八幡市にある島幼稚園で「むし歯予防セミナー」が開催されました。当初は9月初めに開催予定でしたが、台風の接近に伴う休園により延期となった経緯があります。今回は3~5歳の園児が25名、その保護者と幼稚園教諭を合わせて総勢約50名によるセミナーとなりました。
 むし歯の発生メカニズム、子供の歯みがき練習、保護者による仕上げみがき、おやつの正しい与え方といった内容でしたが、位相差顕微鏡による細菌の観察はやはりインパクトが強く、予防に対する強い動機付けになったようです。また仕上げみがきでは親子が楽しく触れ合っている姿が印象的でした。
 そして最後はスリムアップした「もーりー君」の登場で盛り上がりました。「もーりー君」と一緒に歯みがき体操をした後では、園児もさかんに「もーりー君」に抱きついて楽しく遊んでおりました。私自身も子供たちから大いに元気をもらった一日でした。

滋賀県日野町立西大路幼稚園 「むし歯予防セミナー」 2011

t.o.h.理事 平沼 克己
今回は、滋賀県日野町立西大路幼稚園にお邪魔しました。
この幼稚園の周りは田園風景が美しく、小学校が隣接し校庭でつながっているので、広々としてとてもよい環境です。
 園長先生は、園児の性格がのんびりしているのが、心配しているところだそうですが、いやいやこの時代いいのではないでしょうか、と私は思いました。
 4歳児、5歳児の2クラス、園児15名とお母様たちがお昼を一緒に食べているところに到着したのですが、にぎやかに、みんな仲良く元気に歓談しながら食べていました。私たちはその横をこっそり抜けて、ホタルの天使(もーりー君)と一緒に会場にスタンバイです。

お昼の休憩のあと、園児とお母様みなさんで"歯をまもーりーだいさくせん"です。
とても熱心に聴いてくださり、スタッフ共々、歯磨き指導にも熱が入りました。
 園児の皆さんの歯のきれいなこと、お母様方の熱心な姿勢がこれでわかりました。日ごろから一生懸命、歯の大切さを子供たちに伝授しているのだと思いました。
 みなさんが一所懸命、話を聞いて考えてくれたので、もーりーくんがご褒美に、歯磨き体操をみんなに伝授!
 もーりーくんといっしょにこれからもがんばって歯をまもーりーすることを誓って、終了。園長先生はじめ先生方のご協力の下、楽しく勉強できました。ありがとうございました。

野洲市三上幼稚園  「もーりー君の独り言」 2011.6.29


 さる6月29日、野洲市の三上幼稚園で「むし歯予防セミナー」が開催されました。このセミナーの発案者である加藤元理事が自ら講師として出席し行われました。
 20数名の幼稚園児を対象にむし歯が出来るわけ、上手な歯磨きの仕方、おやつの食べ方などが分かり易く説明されました。もちろん、彦根のセミナーと同様、「もーりー君」も参加して楽しいセミナーとなりました。「もーりー君」はらにバージョンアップして、今回は新たに歯磨き体操が披露されました。楽しそうですねえ。
 この「むし歯予防セミナー」は全部で10回予定されていますが、まだまだ盛り上がってくれることを期待しています。

彦根市立幼稚園(本園、分園) 「むし歯予防セミナー もーりー君大活躍!」

t.o.h.理事長 安田 登

 季節外れの台風の影響で一時は開催が危ぶまれた彦根私立幼稚園(本園、分園)における「むし歯予防セミナー」が、5月31日(火)に無事開催されました。
このセミナーは私たちNPO法人「歯と口の健康を守ろう会」(t.o.h.)の平成23年度事業の目玉として、また同時にサンメディカル社のスーパーボンド発売30周年記念事業のひとつとして計画されました。そのため各地での開催はサンメディカル社からの多大な寄付によって成り立っております。
t.o.h.としては全国展開を夢見ていますが、まずはサンメディカル社のおひざ元である滋賀県から開始することにしました。セミナーの内容は、「歯をまもーりー大作戦」と名付け、理事をはじめとしたt.o.h.会員による講義、歯磨きの実習、そして滋賀県守山市のキャラクターである「もーりー君」と遊ぶコーナーの3部構成で1時間かけて行っています。
 朝9時15分、まずは彦根幼稚園分園からスタートしました。最初の私の講義では緊張していた園児達(17名)も、自分で歯磨きを行う時間になると徐々に緊張がほぐれ、ああでもないこうでもないという言葉があちこちで飛び交っていました。実習ではt.o.h.会員でサンメディカル社員でもある松平知子さんと舟見惠子さんにアシスタントをして頂きました。
 当日はお母さんも参加しての「仕上げ磨き」の時間もあり、お母さんの膝枕で大きな口をお開けている園児たちは実に幸せそうな顔をしていました。
 最大の盛り上がりを見せたのは「もーりー君」の巨大な着ぐるみが登場した時でした。「もーりー君」が来ることは園児達には内緒で、ただ講演中に「よい子にしていたらびっくりするプレゼントがあるよ」とだけ前触れをしていたせいか、びっくりする位の大興奮となりました。
 午後には既に100年以上の歴史を持つ彦根幼稚園本園で同じ内容で開催しました。もちろんこちらでも「もーりー君」の登場は、園児たちにとっても大ハプニングで、そばに駆け寄り手や体をさすってすっかり大満足の様子でした。
 最後は「もーりー君」との記念写真で終了となりましたが、私たちの望みは園児達が正しい歯の予防法を覚えることで、成人になっても1本のむし歯もない健康な歯を育てて頂くことです。でも無邪気に「もーりー君」と遊ぶ園児達の笑顔を見ながら、まずは健康に育って欲しいと切に願った次第です。

私(安田)の最初の講義
「もーりー君」と一緒に歯みがきの練習

風の谷保育園 むし歯予防セミナー 2010.10.2

t.o.h.理事 鯉渕 秀明
 去る10月2日(土)、千葉県市川市の「さかえ第2  風の谷保育園」にて、t.o.h主催の「むしばきん  ばいばいだいさくせん」セミナーが行われました。「さかえ第2 風の谷保育園」は木の香り豊かな自然を大切にする保育園で、天気にも恵まれ活気のあるセミナーになりました。
 まずt.o.h.の関理事が0歳から2歳のお子さんを持つ保護者に、むし歯のメカニズムやその予防法についてわかりやすく解説しましたが、皆さん熱心に耳を傾けていました。講演終了後も質問が相次ぎ、やはり我が子の生えたての歯は気になるようです。


 また加藤理事は3歳から6歳までの親子に講演だけでなく、染色液で口の中を染めて、お子さん自身の歯磨きと保護者による仕上げ磨きの実習を行いました。お子さん達もお父さんやお母さんの膝の上に頭をのせて、嬉しそうに歯を磨いてもらっていました。このセミナーが歯磨きの練習だけでなく、親子のふれあいのひとつとしてそれぞれのご家族に貢献できたことは、大変有意義であったと思います。

当会では、歯科医師や歯科衛生士に向けた講演・セミナーをはじめ、一般の方に向けても、歯や口の健康を守るための各種セミナーを行いました。